記事

アドフラウドツールを使わずにフラウド対策を行う5つの方法を紹介!

アドフラウドを防ぐためにはアドフラウド対策ツール(アドベリフィケーションツール)の利用が効果的ですが、ツールの導入には費用がかかります。ではツールを導入せずにできる対策方法はあるのでしょうか。

今回は、アドフラウド対策ツールを使わずにできるアドフラウド対策方法を5つ紹介します。不正サイトに広告費用を支払ってしまうことのないよう、できるものからすぐに取り組んでいきましょう。

 

この記事は国内最大級のアドフラウド対策ツール「Spider AF」を提供する株式会社Spider Labsが執筆・監修しています。

 

ツールを使わずにアドフラウド対策を行う5つの方法

ツールを使用せずにアドフラウド対策を行う方法は次の5つです。

 

対策方法1 アドフラウド対策を行っているDSP事業者を利用する

DSPを利用する際には、アドフラウド対策をしっかり行っているDSP事業者を選ぶようにしてください。

たとえば

  • アドベリフィケーション事業者と連携している
  • 自社でアドベリフィケーションツールを導入している
  • アドフラウドが発生した場合の対応が具体的に策定されている
  • JICDAQへ加入している

など、そのDSP事業者がどのようにアドフラウド対策を講じているか確認しておくことが大切です。

アドフラウドへの危機意識がある事業者であれば、リスクの高いドメインなどをすでにブラックリストとして把握している可能性が高いでしょう。そうしたDSPを利用することで、無駄な広告枠の買い付けを事前に防ぐことが可能です。

対策方法2 ユーザーの挙動をリアルタイムでモニタリングする

広告にアクセス解析用のタグを設定して、ユーザーの挙動をリアルタイムでモニタリングするのも効果的です。

たとえば「同一端末から膨大なアクセスがある」「数秒単位でリロードが繰り返される」といった動きが見つかれば、それはアドフラウドである可能性が高いでしょう。アドフラウドと思われるものはブラックリストに追加していき、広告出稿を停止するなどの対策を取ってください。

対策方法3 広告配信後の実績データを分析する

広告配信後の実績データからもアドフラウドを特定できます。たとえば「ほかのサイトに比べて不正注文や未払いが明らかに多い」「CTR(クリック率)が異常に低い、もしくは高い」といったサイトは不正リスクが高いと考えられます。それらが本当にアドフラウドなのかはしっかり見極める必要はありますが、こうした不正リスクの高いサイトもブラックリストへの登録・出稿停止を行い被害を抑えていきましょう。

対策方法4 PMP(プライベート・マーケット・プレイス)を活用する

「PMP(プライベート・マーケット・プレイス)」とは、掲載媒体と広告主を限定した広告出稿の仕組みを指します。配信先媒体をコンテンツの質が保証された優良媒体に限定することで、オークション形式の広告における「広告がどんな媒体に掲載されるのかを事前に把握できない」というデメリットを回避できます。結果的にアドフラウドのリスクを大きく下げられるでしょう。ただしPMPはDSPよりも費用が高くなる傾向があり、また参加するには広告主側も審査をクリアしなければなりません。自社の状況によってはPMPの活用が最適でないケースもありますので、その点には注意が必要です。

対策方法5 自社でホワイトリストを保有する

有害・不適切なサイトを集めたブラックリストに対して、すでに安全性が確認されたサイトのみを集めたものがホワイトリストです。自社でホワイトリストを保有している企業も多く、ホワイトリストの活用は強固な防衛体制をすぐに実現しやすい方法といえるでしょう。とはいえホワイトリストの更新が新しいサイトの登場ペースに追いつけないと、広告キャンペーンをスケールさせるのが難しくなってしまいます。また過去に優良だと判断したサイトが現在も安全性は保たれているか、定期的なチェックを怠らないようにしてください。

まとめ

本記事で解説したように、リアルタイムでのモニタリングや広告配信の実績データ分析などを行うことで、アドフラウドツールを利用しなくてもフラウド対策を講じることはできます。しかし多くの企業が人手不足で悩んでいるなか、人的チェックのみでは対応が追いつけない場面も往々にしてあるはずです。アドフラウド対策ツール「Spider AF」は使いやすさにもこだわり、誰でも簡単に操作できる設計となっています。

また自社でホワイトリストを作る際にはまずはリスト自体の母数を増やす必要がありますが、その際にもSpider AFは有効にご活用いただけます。

Spider AF|無料トライアルはこちらからお申し込みが可能です。アドフラウドの被害額だけを算出したい!という場合でもお気軽にご利用ください。