2021年上半期 最新のアドフラウド調査レポート

「アドフラウド調査レポート2021年上半期」は日本の広告市場で発生したアドフラウドに関する調査結果です。ウェブ広告とモバイル広告に分け、調査期間中の実際の検知事例を交えながらデジタル広告に潜むリスクについて解説し、それらが広告主へどのように影響したかを報告しています。

ダウンロード

このフィールドを入力してください。
このフィールドを入力してください。 無効なメールアドレスです。
このフィールドを入力してください。
このフィールドを入力してください。 無効な電話番号です。半角数字でこのフィールドを入力してください。

先に進むことで、お客様は当社 の利用規約プライバシーポリシー.に同意することになります。 このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。

本ホワイトペーパーに含まれる内容

2021年1月から6月までに収集したアドフラウドに関するデータと役立つ情報をご提供します。

Overview of Web and Mobile Ad Fraud

ウェブ・モバイル広告不正の概要

ウェブとモバイル広告で発生している課題である「アドフラウド」とそれらに伴う被害をわかりやすく解説しています。

Spider AF Covered Web and Mobile Ad Data Analysis

Spider AFで分析したウェブ・モバイル広告データ

独自のビッグデータを分析した無効アクセスやネットワーク別の不正率、不正が起こっているプレースメント等の検知結果を記載しています。

Web and Mobile Ad Fraud Use Cases

ウェブ・モバイル広告におけるアドフラウド事例

調査期間中に検証した不正クリックや不審な掲載先、IDFA取得率の異常等をウェブ・モバイル広告別で事例をご紹介します。

Spider AF Initiatives

Spider AFについて

「Spider AF」がアドフラウド、ビューアビリティとブランドセーフティ、アドベリフケーション等の問題に対し、どのように対策ができるかをご案内します。

アドフラウドの判定基準

Spider AFは、インプレッション、クリック、コンバージョン、イベントなどのデータログを分析することで、広告不正を検知します。広告不正の兆候を分析し、AIを使ってトラフィックごとにスコアリングします。本レポートでは、一定のしきい値を超えたスコアを記録したものをアドフラウドとみなしています。

Shared blacklist members working together