記事

【4月14日】最新グローバルアドテクニュースまとめ:ポストIDFAクリエティブA/Bテストの影響、パフォーマンスマーケティングを成功させる3つのキーポイント、2021年オンラインプライバシートレンド3つ

毎週、海外におけるアドフラウド・アドベリ情報を厳選し、1週間の知っておくべきニュースをまとめてお届けします。今週のピックアップニュースはこちら:

ポストIDFAがもたらすクリエティブA/Bテストへの影響

Appleの新しいIDFAポリシーは、多くのモバイルアプリ企業がiOS向けのクリエイティブをA/Bテストする方法を廃止するなど、大きな影響を与えると見られます。クリエイティブは、モバイルアプリの広告主がパフォーマンスを最適化するための最も強力な手段となっています。これにはいくつかの理由があり、決定論的アトリビューションの喪失、AppleのSKAdNetworkが提供する限られたトラッキング機能、Facebookの自動アプリ広告(AAA)やGoogleのApp Campaignsなどの自動メディアバイイングアルゴリズムの台頭などが挙げられます。

 

ポストIDFAには、FacebookのAAAやGoogle App Campaignsを利用している人にとって、クリエイティブテストや戦略がいくつかの点で影響を受ける可能性があります。例えば、自動アプリ広告やアプリキャンペーンにおけるダイナミッククリエイティブの最適化について、現在、サードパーティのアドテクでは、単一のメディアや広告セットのA/Bテスト結果が表示されますが、それも消える恐れがあります。

 

様々なプラットフォームの仕様では、MMPデータをアセットフィードに結びつけることはできません。これは、クリエイティブの決定にレポーティングを活用している企業にとって今後が懸念されることです。それに対して、広告主がクリエイティブの飽和状態を認識できるように、Googleはアセットパフォーマンスラベルを導入すると発表しています。


引用先:http://adexchanger.com/data-driven-thinking/idfa-loss-will-kill-a-b-creative-testing/
 

パフォーマンスマーケティングを成功させる3つのキーポイント 

戦略的にバランスのとれたマーケティングミックスを活用することで、予算を効果的に最適化し、適切な場所にいるユーザーをターゲットにし、競争優位性を獲得することができます。しかしながら、2020年にデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速し、それに伴うあらゆるディスラプションが発生したにもかかわらず、マーケターは主要な広告プラットフォームに固執しているようです。

 

一部のマーケターは、すでにパートナーをマーケティングミックスに加えており、その傾向は拡大しています。米国では、パートナーマーケティング費用は2020年に約68.2億円となり、2021年にはさらに増加すると予測されています。このパフォーマンスモデルでは、パートナーやパブリッシャーは、自社のマーケティングチャネルでパートナーの製品やサービスを宣伝します。パートナーネットワークは、複数のパブリッシャーと広告主の間を仲介し、ネットワークに参加しているパートナーのインベントリーへのアクセスを広告主に提供します。

 

ネットワークの重要性も急上昇しており、マーケターにとっては、FacebookとGoogleの二強体制から脱却して、パフォーマンスマーケティングを多様化するチャンスとなっています。小規模なネットワークは、質の高いユーザーを提供できることを証明しています。そして、ブランドの安全性と不正のないインベントリを実現するために、高度な技術とイノベーションに投資することは、透明性とコラボレーションの面でマーケターにメリットをもたらします。
 

引用先:https://www.cxotoday.com/corner-office/how-to-diversify-your-performance-marketing-mix-for-long-term-success/
 

2021年、3つのオンラインプライバシートレンド

2021年は、サードパーティCookie、新たなプライバシー規制の可能性、IoTプライバシーが最大のプライバシートレンドとして注目されています。Chromeはまもなくサードパーティークッキーを廃止し、プライバシーサンドボックスに置き換える予定です。また、欧米の政府はプライバシーソリューションに対する懸念を解消するため、いくつかのデータ保護法を可決しました。

 

一方で、IoTは数多くのセキュリティ上の脆弱性を抱えており、混乱していると言われています。米国商務省は、「ソフトウェア部品表(Software Bill of Materials)」を提案しています。これは、一般消費者向けの中小デバイス機器メーカーに対して、製品のソフトウェア部品の開示を義務付けるものです。

引用先:https://builtin.com/big-data/online-privacy

 

先週のピックアップニュースはこちらでご覧ください。来週のまとめもお楽しみください!
 

 

※ Spider Mediaに掲載されている見解、情報は、あくまでも執筆者のものです。Spider Labsはブログに含まれる情報の正確性について可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。Spider Mediaの目的は読者への有益な情報の提供であり、執筆者以外のいかなる存在を反映するものではありません。見解は変更や修正されることがあります。