記事

【CVアップ!】リスティング広告を最適化する広告文の作り方

リスティング広告運用担当者は、さまざまな悩みを抱えています。広告文を上手く作成することができない、広告文を作り直してもクリックされない、クリックされても、お問い合わせに繋がらない...

広告文にはセンスが問われると思われがちですが、ポイントを押さえれば、誰でも簡単に作成することができます。この記事では、CVアップが見込めるリスティング広告文の作り方をご紹介します
 

【CVアップ】リスティング広告文の作り方

まずは、CVに繋がるリスティング広告文のを作り方についてご紹介します。

1.検索キーワードを広告文に含める

広告文の前半に検索キーワードを含めることで、ユーザーに検索結果と関連性の高い広告であると認識してもらいやすくなります。
 

また、広告文に検索キーワードを含めると統合性があると認識され、広告文の品質スコアが上がります。リスティング広告の検索順位は「クリック単価×品質スコア」で決定するため、品質スコアを上げれば上位表示されやすくなるのです。このように、さまざまな効果が見込めるため、広告文の前半に検索キーワードを含めましょう。
 

2.数字で根拠を示して信頼性を高める

相手に主張する場合は、根拠を数字で示すことが大切です。数字が含まれていない広告文には、曖昧な印象を受けてしまいます。数字で根拠を示すことで、具体性を持たせることができて、信頼性を高められるのです。
 

広告文に数字を入れる方法としては、実績(例:導入実績2,000件)や、割引率(例:期間限定20%OFF)などを含める方法があります。このような数字を示すことで、お問い合わせに繋がりやすくなります。
 

3.記号を使用して重要箇所を示す

広告文の中で記号を使用して、重要箇所を示す方法も1つのテクニックです。ユーザーが求めている検索キーワードや根拠データを記号で囲んで、重要箇所であることを示しましょう。記号で囲むことで、重要箇所であることが認識されやすくなります。
 

4.期間限定などの限定訴求をする

広告文で限定訴求をすると、ユーザーの購買意欲を高められます。これは、心理学の希少性・限定性の原理を活用したものです。「本日限定」「残り3点限り」と、期間や数が限定されていると「早く購入しなければ」という心理が働くようになります。
 

いつでも購入することができる状況下では、人の心は動きません。限定訴求をすることで、選択肢が制限されて商品を欲する心理に働きかけることができるのです。そのため、広告文で限定訴求をしましょう。
 

5.広告文で行動喚起を促す

広告文で行動喚起を促すフレーズを含めると、資料請求やお問い合わせの行動に繋がりやすくなります。行動喚起を流すフレーズには「資料請求はコチラ」「お問い合わせはコチラ」「今すぐ購入」などがあります。
 

このようなフレーズを広告文に含めておくことで、サイトに訪問後に、どのようなアクションを取れば良いかを示すことができるのです。
 

6.ターゲットを明確にする

広告文を作成する場合は、ターゲットを明確に設定しましょう。名前・住所・年齢・性格・趣味・ライフスタイルなど明確にすることで、ターゲット顧客に響く広告文が作成できるようになります。
 

顧客の価値観は多様化しており、万人受けしなくなりました。ターゲット顧客(ペルソナ)を定めて広告文を作成することで、クリックされやすくなります。
 

7.ユーザーの不安を払拭する

返金保証やトライアルが用意されている場合は、広告文で伝えるようにしましょう。インターネット上で買い物をする場合は、実物を見ることができないため、後悔してしまうのでないかと不安を抱えるものです。
 

しかし、「30日間の返金保証付き」「2週間の無料トライアル実施中」のような不安を払拭する文章を含めておけば、安心して商品を試すことができるでしょう。そのため、返金保証やトライアルを提供している場合は、広告文に含めましょう。
 

リスティング広告文を作成する際の注意点

リスティング広告文の作り方のコツをご紹介しましたが、気を付けなければいけないこともあります。ここでは、リスティング広告文を作成する際の注意点をご紹介します。
 

広告ポリシー違反に注意する

誤解を招く表現を使用して広告文を作成してしまうと、広告ポリシーに違反していると注意されてしまいます。誇大広告を使用したり薬事法違反をしたりしている広告文には気を付けましょう。
 

広告ポリシーに違反していると判定された場合は、広告アカウントが削除されてしまう恐れがあります。また、誇大広告は消費者からのクレームの原因となるため、控えるようにしましょう。Googleの広告掲載ポリシーはこちらでご確認ください。
 

価格訴求による離脱に注意する

リスティング広告文でクリック率やお問い合わせを増やすために、価格訴求されることが多いです。「激安」「格安」などの価格訴求のキーワードが含まれることがありますが、実際に、競合商品と比較して価格が安くなければ、ユーザーの離脱を招いてしまいます。
 

誇大広告をする事業者という印象を与えかねません。そのため、価格訴求をする場合は、商品・サービスの価格に絶対的な自信を持っているときにしましょう。本当に、自社商品は他社と比較して安いのかを検証した上で、価格訴求することをおすすめします。
 

品質スコアの低下に注意する

ユーザーが興味喚起を示す広告文を作成する必要がありますが、品質スコアが低下してしまわないように気を付けましょう
 

Google広告の管理画面で品質スコアは確認できるため、広告文を作成した後は必ず確認してください。品質スコアが低すぎてしまうと、クリック単価が上がってしまって、同じ広告予算でも出稿回数が減ってしまいます
 

同じ広告予算で、より多くの出稿ができるように、高い品質スコアを維持することは大切です。そのため、広告文を作成したら、品質スコアをチェックするようにしましょう。
 

まとめ

今回は、CV率が上がるリスティング広告文の作り方のコツをご紹介しました。最後におさらいをしておきましょう。

【CV率が上がるリスティング広告文の作り方】

  1. 検索キーワードを広告文に含める
  2. 数字で根拠を示して信頼性を高める
  3. 記号を使用して重要箇所を示す
  4. 期間限定などの限定訴求をする
  5. 広告文で行動喚起を促す
  6. ターゲットを明確にする
  7. ベネフィットを訴求する
  8. ユーザーの不安を払拭する
     

上記を踏まえた上で広告文を作成すれば、CVRを上げることができるでしょう。しかし、近年では、悪質業者による不正クリックの被害も多発しているため、広告文の見直しをしてもCVRが改善されなかった場合は、不正クリックの被害を受けているかを確かめてください。万が一、不正クリックの被害に遭遇していないか気になった方は「Spider Labs」までご相談ください。