広告効果を示す「ROAS」とは?具体例と改善方法をご紹介!

広告は実施するだけではいけません。広告運用を行った後にどれくらいの効果があるのかなどを計測し、改善することが重要です。その際に広告効果を計測するための指標がROASです。本稿ではROASの計算式から実際の計算例、またよく間違えられるROIやCPAなどの指標についてご紹介します。是非参考にしてください。


ROASの計算式

ビジネス, 検索, ソ, エンジン, インターネット, 最適化, マーケティング, 戦略, 技術

ROASとは、Return On Advertising Spendの略であり、広告費用に対してどれくらいの売上が上がったのか、費用対効果を確認するための指標です。ROASはプロダクトやサービスの売上から計算するため、ROASの値が大きいほど広告が売上に貢献しているということになります。活用方法としては、出稿しているメディア毎のROASを計算し、費用対効果が高いメディアに予算を集中させるなどメディアプランの改善につなげることなどです。

ROASの計算式は、下記です。

ROAS=広告経由の売上÷広告費用×100


ROASを構成する指標

ROASを構成する指標としては、大きく2つあります。


指標1:広告経由の売上

1つは、広告経由の売上です。ROASは、広告費の費用対効果を図るための指標でも、最も手に入りやすく運用がしやすいのが売上です。ROASを効果的に活用するためのポイントは、商品全体の売上ではなく広告を経由した売上で計算しましょう。また、全体の広告だけでなく、各メディアや広告毎の売上で算出することがおすすめです。


指標2:広告費用

2つめの指標は広告費用です。ある期間にどれくらいの費用を広告で活用したのかで算出します。この際、広告経由の売上同様、各メディアや広告毎の費用を算出することでメディアプランの改善に繋がります。


ROASの計算方法の具体例

具体的にROASの計算方法の具体例をご紹介します。


計算例1:

バナー広告に50,000円を費用し、広告経由で売上200,000円が上がった場合は、計算式は下記になります。

広告経由の売上200,000円 ÷ 広告費50,000円 = 400%

その際、50,000円の広告費に対して400%の売上が上がったことになります。


計算例2:

バナー広告で300,000円、SEOに200,000円の費用を活用した場合、バナー広告経由で600,000円、SEO経由で1,000,000円上がった場合のROAS計算式はこちらになります。

広告全体:

広告経由の売上 1,600,000円 ÷ 広告費500,000円 = 320%

バナー広告:

広告経由の売上 600,000円 ÷ 広告費300,000円 =200%

SEO:

広告経由の売上 1,000,000円 ÷ 広告費200,000円 =500%

広告全体で320%、バナー広告200%、SEO広告500%と計算できます。この場合、ROASはバナー広告と比べてSEOの方が良いため、メディアプランを改善する場合はバナー広告の予算を減らし、SEO予算を増やすなどが検討できます。また、逆にバナー広告のクリエイティブを変更することでROASの改善を狙うなどの施策の検討も行えます。


計算例3:

ROASを活用することで費用対効果を計算するだけでなく、ROASを狙うためにどれだけの売上が必要なのかも計算できます。例えば、雑誌広告400万円をかけた場合、ROAS500%を達成するための計算式は下記です。

広告費用 400万円 × ROAS 500% =20,000,000円

このように以前のキャンペーン等を参考に狙ったROASを達成するための売上を計算することができます。400万円の広告費を活用した場合、売上は2千万円必要になります。マーケティングキャンペーンを計算するときなどに活用することができます。


よくあるROASへの誤解

広告効果を見るための他の指標として、ROIやCPAがあります。そこでここではROASよく間違えられやすいROI、CPAとはなにかについてご紹介します。

広告, モバイル, クリック, デジタル, 電話, 社会, メディア, ネットワーク, マーケティング, 技術


ROAS vs ROI

ROIとは、Retuern Of Investmentの略であり、広告費用に対して得られた「利益」の費用対効果を計算します。計算式は下記になります。

ROI = 広告利益 ÷ 広告費用

ROASとの大きな違いは、ROASが売上ということに対してROIは利益ベースということです。

ROASが売上からの広告の貢献度を計算するものですが、いくら売上が高くても利益がマイナスの場合があります。一方、ROIは利益をベースに計算するためどれだけ採算がとれているのかを把握できます。そのため、ROASは施策の検討など長期的施策検討に有効に対して、ROIは短期的な施策の改善に有効です。

ROAS vs CPA

CPAとは、Cost Per Acquisitionの略であり、広告あたりのコンバージョンの割合を計算するものです。計算式は下記になります。

CPA = 広告費用 ÷ CV数

例えば、コンバージョンを問い合わせに設定していた際、バナー広告に10万円をかけて問い合わせが10件あったとしたCPAは1万円となります。このようにCPAはある期間と期間を比較したり、複数のメディアの広告効果を図るためには有効です。

しかし、CPAはコンバージョンの問い合わせ等にしている場合、実際の売上とのギャップが起きることもあります。また、CPAがいくら良くてもCV数の絶対数が少ないという場合も起きるため、CPAだけで広告の運用をすると失敗する恐れがあります。そのため、CPAだけでなく長期的視点での施策検討も含めて検討することが大事です。

ROASを改善するため方法


ROASの数値が悪いということは、広告が狙っていた効果が出ていない、売上につながっていないということです。それでは、ROASを改善するためにはどうすればいいのでしょうか。ROASを改善する方法は、「売上を上げる」か、「広告費を抑え効率をあげる」という方法があります。ROASを改善するための方法の例をご紹介します。

ターゲットの検討

広告の効果が上がっていない理由として、適切なターゲットに広告が配信できていないのかもしれません。例えば、塾の宣伝をするために学生向けに広告を配信していたが、実は塾の決定者は保護者かもしれません。広告効果を上げるためにもまずはターゲットを検討してみましょう。

クリエイティブの検討

ターゲットに適切に配信できているが、メッセージなどがターゲットにささっていない場合があります。その時に必要なのがクリエイティブの検討です。キャッチコピーが消費者の悩みを捉えたものになっているのか、バナーの画像や動画がメッセージにあっているのか、ターゲットのアテンションを引くものになっているのかなど消費者視点にたってクリエイティブの改善を行いましょう。

広告媒体の検討

広告媒体には、ウェブ広告だけでGoogleやFacebook、Twitter、Instagramなど様々な媒体があります。しかし、媒体の力だけで媒体プランを選んでしまうと失敗をしてしまうことがあります。例えば、SNSでの接触は多いが、商品を購入するときには検索経由に別ルートで購入するという場合があります。このようにただ媒体パワーだけでメディアプランを検討するのではなく、顧客の行動パターンを理解した上で媒体を検討することが重要です。

キャンペーン目的の検討

プロダクトやサービスにより購入プロセスは大きく異なります。例えば、高額商品の場合は消費財と比べて、検討までの時間が長くなり、広告をクリックしてもすぐに購入にはつながりません。そのような場合、ただ購入を促すような広告を配信しても意味がありません。そのため、どのような目的でキャンペーンを行うかを検討しなおすことで広告の配信プランなどの再検討にもつながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。広告運用を行う上で重要なのが効果測定です。そのために有効な指標がROASです。ROASは、商品の売上から広告費用の費用対効果を計算するものです。売上から計算するため、広告のメディアプランの改善等に活用できます。よく間違えられる指標として、ROIやCPAがあります。ROASと一緒に活用することで広告改善を様々な視点から検討してみましょう。

※ Spider Mediaに掲載されている見解、情報は、あくまでも執筆者のものです。Spider Labsはブログに含まれる情報の正確性について可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。Spider Mediaの目的は読者への有益な情報の提供であり、執筆者以外のいかなる存在を反映するものではありません。見解は変更や修正されることがあります。