Phybbit合宿2019@軽井沢

年に一回のPhybbit合宿、今年はグランピングの案も出ましたが軽井沢で実施しました!この頃の軽井沢は紅葉もきれいで空気も澄んでおり、気分転換にはぴったりな雰囲気でした〜。ポルトガルオフィスもあるので全社員が集まるのはこの合宿の年に一度だけ。チームビルディング💪という目的のもとPhybbit合宿を実施しています。

11/21 Day1

Phybbitチームは25人、そのうち1/4が外国籍。ということでセッションは英語(!)で行われました。1日目は全3つのセッションを実施。

Day1 Session#1

はじめは、「SpiderAFをどのように成長させていくか」というセッション。エンジニア、営業、マーケティングそれぞれの立場からどのように増やしていけばよいのか?ということをディスカッションしました。リアルタイムソリューションをアドフラウド対策以外の課題に汎用する、ターゲットとなるマーケットを拡大するなど。今後サイバーセキュリティカンパニーとして成長していくことがより明確となりました。

Day1 Session#2

次に「どのようにわれわれのスピードやクオリティを上げるか」を議題に挙げ、生産性の向上や業務の効率化、コミュニケーションなど多岐にわたり考えていきました。具体的にはセールス、エンジニアそれぞれのチームのインタラクティブがもっと必要、ミーティング時間を1時間→30分へ。自分のタスクだけに集中しすぎず広いビジョンを持ち働いていくなど。

Day1#3 Vision

最後にビジョン、将来のことや私たちのこと。これからSpiderAFを大きくしていくためにプロダクトマイルストーンの発表やチームビルディングを強化していくといった話がありました。

目指すはシマウマ企業🦓

余談ですが‥最近だとユニコーン🦄→シマウマ🦓が台頭しているとか。
参照:Zebras Fix What Unicorns Break

たしかにUberやWeworkの一件からとにかく急成長のモットーである過大評価されすぎていたユニコーン企業が疑問視されており、一部ではユニコーンバブル崩壊とまでも言われています。

魔法のような考え方がスタートアップ市場を動かしてきましたが、持続可能な範囲で成長し社会をより良くしていく現実的な考えをもつシマウマ企業に注目が集まっているようです。シマウマのように黒と白の側面を持っており、利益を出すと同時に社会の発展に貢献している、共存共栄しビジネスを着実と成功させていくことを目指す企業です。スタートアップ企業といっても多種多様ですが、社会に寄り添うシマウマのような企業に成長していければと思います。

1日のすべてのセッションが終了し、ホテルへ戻りみんなで夜ご飯。その後もお部屋で宴は続き‥飲み明かしました🍾とくにポルトガルからのお土産のポートワインやアプリコットのお酒が食後酒のようなデザート感覚で楽しめて美味しかったです。(また買ってきてください!笑)Phybbit合宿の良いところは家族の同伴もOK!普段の仕事では見れないパパ、ママの一面も垣間見れるのとちっちゃい子がいるのはとても新鮮。仕事とプライベートの壁がないところにPhybbitらしさを感じます。

11/22 Day2

2日目は1日目のようなセッションはなく、チームビルディングのためのアクティビティがメイン。何をやるか全く決まっていなかったのですが前日に多数決をとり、体育館を借りてバレーボールを行うことにしました🏐

バレーボールをするのは学生時代の体育の授業ぶりだと思うのですが、みんな真剣にサーブを決めていました!笑 午後からはそれぞれのアクティビティ、軽井沢散策チーム、スノーボードチーム、温泉チーム、に分かれて軽井沢を満喫しました。

合宿後もイベントでバタバタしていましたが、皆が揃う機会はなかなかないので、年に一度にこのようなチームビルディングを行う場があるのは強い組織を築いていくためには重要ですね。チーム一丸となって目標達成に向けて頑張っていきましょう!