【4月28日】最新グローバルアドテクニュースまとめ:Apple iOS14.5ついにリリース、WordPressがFLoCをセキュリティ上の懸念事項として提案、次世代の広告形態はドローンの空中ショー?

毎週、海外におけるアドフラウド・アドベリ情報を厳選し、1週間の知っておくべきニュースをまとめてお届けします。今週のピックアップニュースはこちら:

Apple iOS14.5、ついにリリース

Appleは、火曜日に公開したブログ記事の中で、iOS 14.5のリリースとATTフレームワークの適用開始の計画について情報を公開しました。この投稿の中でAppleは、来るべきiOS 14.5、iPadOS 14.5およびtvOS 14.5のパブリックリリースから、すべてのアプリケーションにATTフレームワークが必要になると述べています。

Appleの審査のためにアプリを提出する際には、ユーザーの名前やメールアドレス等のトラッキング形態は製品ページのApp Storeプライバシー情報セクションで開示する必要があり、App Tracking Transparencyを通じて許可された場合にのみトラッキングを実行できます。

また、App Store Reviewガイドライン5.1.2(i)に基づき、システムプロンプトにユーザーを追跡する理由を説明する目的文字列を含める必要があります。さらに、ユーザーの識別、つまりフィンガープリンティングを目的とし、ユーザーの許可なくデバイスおよび使用データを収集することは、引き続きApple Developer Program使用許諾契約違反となります。


WordPress、FLoCをセキュリティ上の懸念事項として提案

GoogleのFederated Learning of Cohorts(FLoC)技術は、多くの人々の関心を集めていますが、Wordpressはこの新しいユーザー追跡および広告ターゲティング技術に懸念を表明しています。ブログプラットフォームのWordPressは、インターネット検索エンジンのDuckDuckGo等とともにGoogleに対抗し、自社が管理するサイトでGoogleの新技術をブロックすることを提案しています。WordPressはウェブの約5分の2を占めているため、この提案はGoogleの計画に大きな影響を与える可能性があります。

プライバシー重視の検索エンジンDuckDuckGoや、EFF(Electronic Frontier Foundation)等のプライバシー保護団体は、FLoCが広告のターゲットを絞るために、閲覧習慣に基づいて人々をグループに分けていることを問題視し、Googleの計画に懸念を示しています。これは、データが差別的な目的で使用される可能性があることを懸念したものです。


次世代の広告形態はドローンの空中ショー?

中国の人気動画配信サイト「Bilibili」は、1,500台のコンピュータ制御のドローンを使ってイルミネーション映像を制作しました。「プリンセスコネクト!Re:Dive」の中国でのリリース1周年を記念する2分間の光のショーでこれを使用し、締めくくりには、巨大なQRコードを空に出現させました。

引用先:Youtube 「Kuroyukihime

このイルミネーションの画像がソーシャル・メディアで拡散され、一部の人々からはディストピア的な光害だという苦情が寄せられました。また、広告やマーケティングに携わる人を中心に、大いにインスパイアされるという意見もありました。また、多くの人がクールであると同時に不気味でもあるので、どう考えていいかわからないと中間的な意見を述べています。

中国では、ドローンによるパフォーマンスの力を利用しようとする広告主の戦いの場となっています。今月初め、ヒュンダイ自動車の高級車ブランド「Genesis」は、中国への進出を記念して、上海の上空で3,281台のイルミネーション付きドローンを使ってロゴやブランド関連のイメージを描きました。


先週のピックアップニュースはこちらでご覧ください。来週のまとめもお楽しみください!

※ Spider Mediaに掲載されている見解、情報は、あくまでも執筆者のものです。Spider Labsはブログに含まれる情報の正確性について可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。Spider Mediaの目的は読者への有益な情報の提供であり、執筆者以外のいかなる存在を反映するものではありません。見解は変更や修正されることがあります。