Google主催イベント「Women Will for Startups」に登壇しました!

11月20日(水)にGoogle for Startups Campusにて開催されたイベントWomen willに弊社代表大月が登壇しました。

Women willとは?

デジタルの力で、男女間におけるアクセスできる情報や機会の格差を解消し、ひとりひとりの女性の成功、そしてより平等な社会の実現を目指すGoogle のアジア太平洋地域(APEC)全体の取り組みです。詳しくはこちらへ。

Women willのリサーチによると、日本人女性の3人に2人は出産を機に退職しており、APEC各国と比べ25〜34歳の女性の就労意欲がまったくない人の割合は高くなっています。男女平等を推進している日本ですが、家事は女性が行うものという文化がまだまだ深く根付いる結果であると思います。

今回行われたWomen willは女性起業家の方々をお招きし、お互いの経験をシェアし、そこから学び、コミュニティを育むことを目的として開催されました。

弊社代表の大月は、「Fundraising as an enterpreneur 」という11月に実施した資金調達に関する話をしました。シリーズAの資金調達を達成するためのTipsはもちろん、子育てをしながら働いている女性なら必ずと言っていいほど打ち当たるプライベートと仕事の両立問題について自身の考えを述べました。

「男性だけ家事や育児をするだけでイクメンと褒められるのは不平等では?」という問いかけには(会場には女性が大半ということもあり、)賛同の声が上がっていたのも印象的でした。 その他にも、「マネジメントしないマネジメントスタイル=マネジメントするよりも自分自身で考えてそれを実行する自走力が重要」といったPhybbitのバリューに通ずる話もありました。
シリーズAの資金調達に関するTipsはこちらに詳しく記載しているのでご覧ください!

参加者の方には女性起業家の方も多く、セッション後のネットワーキングでは、それぞれの事業に対する思いや悩みなども共有でき有意義な時間となりました。

GoogleではGoogle for Startups Campusの開設を皮切りに日本でのスターアップ支援を推し進めていくようなので、とても楽しみです! 私たちも日本発のスターアップとして世界で活躍できるように頑張っていきます。

P.S.いただいたアイシングクッキーとても可愛かった☺️❤️