社員紹介~広報・PR担当 橋本さん~

みなさんこんにちは!!
株式会社Phybbit土屋です!

Phybbitの良さをもっともっと伝えていくために、社員インタビューをしていく事になりました

第1回目は広報・PRを担当している橋本さん

Phybbitを大きくしていくのに欠かせない広報を担当している橋本さんに、学生時代の事や、社会人になってからの事、今後の目標を聞いてきました!!
それではさっそくお話を伺ってみようかと思います!IMG_5217 (1).jpg (328.7 kB)

遊びまくっていた学生時代、転機は2年生の時のマーケティングの講義??

土屋:それではインタビューをはじめさせていただきます。よろしくお願いします!!
橋本:よろしくお願いします!
土屋:さっそくですが、橋本さんはどのような学生時代を過ごしていましたか??
橋本:遊んでばっかいました!(笑)The 大学生って感じです!
特にやりたいことがあった訳でもなく、高校が進学校だった事もあり何となく大学に進学しました(笑)
土屋:なるほど!派手に遊んでそうなイメージがあります(笑)面白かった授業とかは何かありましたか??
橋本:大学2年生の時に、マーケティングの授業を取ったんですけど、その時の先生の講義が面白くってマーケティングに興味を持つようになりました。3年生の時にその先生のゼミナールに入ってからは、将来マーケティングの仕事に携わりたいと思うようになりました。166547_311023009000959_298047184_n.jpg (135.4 kB)

土屋:2年生の時の授業が大きな転機になったんですね
橋本:はい。その時の先生には凄く感謝しています。後は趣味でスノボーをやるんですけど、スノボー雑誌を編集している方と知り合って、Webコンテンツ作成の動画をプロモーションするお手伝いをさせて頂いたりして、その時に世の中に制作物や商品が出るまでには色々な過程を経ているんだという事を知りました。もともと、自分が表に出て何かをするより、裏方で支えるのが好きだったので、社会にでたら裏方で企業の発展を支えていきたいと思うようになりました。
土屋:学生時代に貴重な経験をしていますね!橋本さんが、裏方希望だったのは意外でした(笑)10917624_760020994086996_791227028_n.jpg (110.5 kB)

アパレルメーカーでの販売員時代→本社でマーケティング業務

土屋:前職がアパレルブランド勤務との事でしたが、どのような経緯で働かれることになったのですか??
橋本:大学4年生の時にアパレル業界でアルバイトを始めて、接客の楽しさを知りました。なので、就職活動の時はアパレル業界に絞っていて、ただマーケティングも楽しそうだなと。一社目の会社が販売員から本社へのキャリアパスがあったので、将来的に本社でマーケティング業務をしたいと思って入社しました。
土屋:橋本さんの接客受けてみたかったです(笑)その後2年目から本社にてマーケティング業務に携われていますね!
橋本:ちょうど、2年目のタイミングで【デジタルマーケティング】というポジションができたんですね、それで社内公募があったんで応募してみたら通りました。本社にて念願のマーケティング業務に携わる事ができたので嬉しかったです!
土屋:入社2年目で本社異動はすごいですね!勝手なイメージですが、通常はもっと時間がかかる気がします。本社ではどのような仕事をしていましたか??
橋本:主にSNSを運用して、販売促進だけでなく、ファンとのエンゲージメントを高める事が大きな目標でした。今考えると、既に認知度が高く、B to Cビジネスだった事もあり運用はしやすかったですね(笑) B to Bをやっている今だから思います。11164144_815783465177415_195988791_n.jpg (210.2 kB)

欧州でのバックパッカー生活/Phybbitに転職を決めた理由!!

土屋:凄く順調なキャリアを歩んでいるように感じているんですけど、Phybbitに入ったきっかけは何ですか??
橋本:アパレル業界で3年働いて、やりたい業務もできていたんですけど、将来を考えた時に業界を変えてキャリアプランを考え直してもいいかなって思ったんです。普通なら転職先を決めてから会社を辞めると思うんですけど、私は思い切って先に会社を辞めました(笑)
土屋:凄い決断ですね!退社後はどう過ごしていたのですか??
橋本ヨーロッパで1ヵ月間バックパッカーしました。別に病んでた訳じゃないですよ(笑)
新たな世界を見る事、多種多様な価値観に触れる中で新たな考えが生まれるかもって思ったからです!
土屋:凄い行動力ですね!何かマインドの変化はありましたか??
橋本もともと私は表現するのが得意ではなくて、自分の思っている事を伝える事が苦手なんですけど。。。
海外の人たちは自分を表現する力が凄くて、自分に自信を持っているように見えたんです。
それで、私も表現する力をつけたいと思って、広報・PRの仕事に就きたいと思うようになりました。

土屋:橋本さんにとって欧州での経験が大きな転機になったんですね。Phybbitへの入社の決め手は何だったんでしょうか??
橋本:社風、規模感、業界、あとは。。。大月さんの存在ですかね!(笑)
社風でいうと人数が少人数なので、風通しがいいんです。それと外国人が働いているので、外資っぽい雰囲気も気に入りました。
規模感は小さければ、小さいほど良かったです。そのほうが、個人としてやれることが多いし、成長できると思ったからです。
業界は全く知らない業界に行きたかったです。アドフラウドは全く知りませんでしたが、業界内でも注目されていてこの会社で働く事にワクワクしました。
土屋:社長が女性社長なのも決め手になったみたいですね。
橋本:今後の人生設計を考えた時に、結婚や子供が生まれた後も仕事がしたかったです。実際に社長自身が2児の母でバリバリ働いているので、女性の働き方に理解があると思ったのも大きな決め手です。IMG_5483.jpg (399.5 kB)

広報・PR業務のやりがい

土屋:現在は広報・PR業務を行っていると思うのですがやりがいや、大変だと思う事があればおしえてください
橋本:ニッチな分野のサービスなのでまだまだ認知度は低く、どうわかりやすく伝えるかを一番に考えて業務に取り組んでいます。
B to Bの広報は初めてなのですが、何でも任せてくれるんでチャレンジしがいがあります!前職だと広告代理店さんに広告運用を任せていたり、PR業務を委託していたんですが、今は全部自分で行っています。イベントやプレスリリースなど全てにおいて1から作っていくので、そこに難しさを感じつつもやりがいを感じています!IMG_5224.jpg (278.4 kB)

Phybbitの良さを教えてください

土屋:自分はまだ入ったばかりですけど、裁量権の大きさは日々感じています。Phybbitの良さをおしえてください
橋本社長との距離が近いこと、裁量権が大きいことですかね。それと、チャレンジすることが許される文化です
社長との距離が近いのでどんどん提案していけますし、新しい取り組みに対してもポジティブに捉えてもらえます。
あと本当に風通しが良いんです!!社員が柔軟に対応してくれるので言いづらいことがありません。

週末は陶芸で「無」に!!

土屋:仕事の事はここまでにして、プライベートの事も少し聞いてみたいと思います!週末は何をしていますか??
橋本:月に1回は旅行に行っていたり、色々なイベントに参加していたりしています。単純にイベント参加したりするのが好きなのもありますが、イベントで新たなアイディアを得たりしたいと思っています。最近だと、ラグビーを見に行ったり、陶芸に行って「無」になったりしていました(笑)
土屋:陶芸はギャップがありますね!(笑)

今後の目標や夢があれば教えてください

土屋:今後の目標や、夢があれば教えてください!仕事でもプライベートでも構いません
橋本仕事においては、もっともっと表現力をつけて、Phybbitの発展に貢献していきたい。ブランド力を高めるような発信がしていきたいです。ゆくゆくは結婚して子供も欲しいので、リモートワークでも仕事をもらえるような力をつけていきたいです!

最後に一言!!

土屋:最後に一言お願いします!
橋本:この会社は、自由度が高い分、主体的に仕事をしていく必要があります。なので、自分の意見を持っていたり、自ら行動を起こしたいと思っている人にはぴったりだと思います!
土屋:本日は素敵なお話を聞かせて頂きありがとうございました!
橋本:ありがとうございました。
IMG_5134.jpg (481.1 kB)

営業職募集!!

現在Phybbit では事業拡大に伴い、営業職を募集しています!!
AIを使った最先端テクノロジーで、アドフラウドから広告主の予算を守る!!
世界中から集まったの一流エンジニアと共に、会社を大きくしていきませんか??
少しでも興味がありましたら、一度来社してみてください。
まずは、気軽にお話をしましょう!!
下記リンクから、ご連絡よろしくお願いします!!
社員一同お待ちしております。
https://phybbit.com/contact