Ad Fraud

広告の不正利用対策とアプリマーケティングの指標について

アプリマーケティングにおいて、モバイル広告業界で話題となっているアドフラウド (広告詐欺) の検知と対策は、新規顧客を獲得すること (新規顧客) や休眠顧客に復帰してもらうこと (休眠復帰) と並び、重要なテーマの1つとなっています。

昨今、アドフラウドの手口はますます巧妙化されてきており、トラッキングツールや配信ネットワーク、広告配信運用者がそれぞれ検知・対策をするだけでなく、各々が協力し対策を行っていく必要があると考えております。…

インストールファームか否かの見分け方

今回お話していきたいのは

「インストールファーム」「クリックファーム」といった「ファーム」と呼ばれるアドフラウドの手法についてになります。

こちらのブログにある別の記事にも書きましたが、「インストールファーム」や「クリックファーム」というものは、大量のスマートフォンを用いて、ただひたすらに人海戦術のような形でクリックやインストールを行うものになります。

最近ではシステムを組んでいることもありますが、基本的には人が行っていると考えて良いと思います。…

Click to install timeからアドフラウドを読み取る方法

広告の最終クリックが発生してから、アプリインストール後の初回の起動が行われるまでの時間のことをClick to install timeもしくはmeantimeと呼びます。

実はこの時間はというのは、ネット広告に関わる人にとっては非常に大事なものとなります。

なぜなら、こちらの数字をしっかりと見分けることで、アドフラウドが行われているかどうかを判断することができるからです。…

時間で見るインストール・ハイジャック [Install hijack]

バスジャックや電波ジャックなる言葉が日本にはありますが、これらは日本独自の和製英語であるって知ってましたか?

そもそもハイジャックは英語で「hijack」⇦このように書くのですが、これは「上前を跳ねる人、追剝ぎ」という意味なのです。

なので飛行機はもちろんのこと、電車でも、船でも、バスでも、全てハイジャックで良いということになります。

ハイジャックの語源には諸説ありますが、日本が独自の和製英語を作ったのは、ハイの部分を高いという意味のあるHighと勘違いしたところから始まったのだと思います。…

大量のスマホで行われるアドフラウド「インストールファーム(Install farm)」

昨年の6月にタイで中国人男性が3人、労働許可書なしで就労しスマートフォンを密輸していた疑いがあるとしてタイ警察に逮捕された、というニュースがありました。

家宅捜索した結果、大量のスマホ

タイ警察が彼らの住宅を家宅捜索した結果、476台のスマートフォンと約35万枚のSIMカードを押収したとのことでした。…