2017.6.15 IT勉強会event@21cafe

皆様こんにちは!
Phybbitの尾藤です。

SNSでもうご覧いただいている方もいらっしゃるかもしれませんが、
この度、Phybbitは
来たる

6月15日(木)

渋谷の21cafeにて
IT勉強会イベントを行います:👏👏👏👏👏👏👏

イベントタイトルはずばり…..

【第一回 Phybbit勉強会 〜Chatbotについてお話ししましょう〜】

21fb8a5073d4a6392bc07dc24c2628e8.png (264.2 kB)

です!

ここで、メンバーをご紹介します✨
Eurico (株式会社Phybbit CTO
Kanda (株式会社Phybbit engineer)
Bob (株式会社Phybbit engineer)
Edward(INFERRET JAPAN株式会社 CEO)
Christoph(INFERRET JAPAN株式会社 COO)

冒頭で乾杯🍻したり
軽食も用意する予定になっておりますので
皆様、リラックスして 楽しんで行ってください🍕

ちなみに外国人登壇者は英語での発表です!
また、引き続き、勉強会参加募集しておりますので、
下記サイトからぜひ 登録→ご出席ください!
皆様にお会いできることを楽しみにしております🌟

勉強会登録サイト

・connpass
https://connpass.com/event/57723/

・ATND
https://atnd.org/events/88262

・meetup
https://www.meetup.com/ja-JP/東京都-テック系プロフェッショナル-Meetup/events/240174117/


下記、イベント詳細
全てまとめたものを掲載しますので、
こちらもご参考ください。


Event詳細

【第一回 Phybbit勉強会 〜Chatbotについてお話ししましょう〜】

日時 :2017/6/15 (木) 19:00 ~ 21:30 (18:45開場)

Googleカレンダーに追加

参加枠:無料 (定員 30名)

会場 :21cafe<ニイイチカフェ>
(東京都渋谷区道玄坂2-11-1 G-SQUARE 10階)
※飲食の持ち込み可 (軽食・お飲物ご用意ございます。)
URL :https://geechs-magazine.com/21cafe/index

  • 登壇者

Eurico (株式会社Phybbit CTO)
Kanda (株式会社Phybbit engineer)
Bob (株式会社Phybbit engineer)
Edward(INFERRET JAPAN株式会社 CEO)
Christoph(INFERRET JAPAN株式会社 COO)

講演内容

Eurico

イントロダクション/ monitor – passive chatbot (仮)

Chatopsのことを知りたい方にオススメ!

  • Chatbotの構成
  • Chatbotでできることについて 概要をご紹介

日々の運用で利用できる監視と、Chatbotの連携について
抑えておくべき項目・注意したほうが良いこと

お話します!


Kanda

GoogleAppScriptでSlackBotを作る (仮)

サーバ管理不要のSlackbotを作る!

GoogleAppScriptは、サーバを立てずに
Httpリクエストに応答するエンドポイントを準備することができます。

そこで、

GoogleAppScriptを使い
サーバ管理不要のSlackbotを作る方法

をご紹介します!


Bob

AWSで試すChatbot (仮)

サーバ管理不要のChatbotを作る!

Chatopsを気軽に試すために、AWSの

  • Lambda
  • APIGateway

を使って、サーバ管理不要のChatbotを作る方法をご紹介。

また、システム構成実装の上で注意するポイントをお話します!


Edward and Christoph

エンベデッド環境におけるマルチモーダル音声対話

Inferretで研究開発している

マルチモーダル音声対話 についてお話しします。

研究の目的は複数の入力情報(例えば 音、タッチと動画)を同時に処理して
出力(例えばブラウザに表示してテキストを読み上げ)する、
マルチモーダルダイアログシステムの開発です。

特に私たちは、プライバシーの問題を重要と考えているので、インターネットに接続せずに動作する
端末組込型の開発に取り組んでいます。


※ 内容は変更になる可能性があります。

※ 当日の外国人スピーカーのLTは英語で行います。


開始時間 発表時間 タイトル 発表者
18:45 開場・受付開始
19:00 5分 ご挨拶・イントロダクション
19:05 20分 monitor – passive chatbot (仮) Eurico
19:25 20分 GoogleAppScriptでSlackBotを作る (仮) Kanda
19:45 10分 休憩
19:55 20分 エンベデッド環境におけるマルチモーダル音声対話 Edward and Christoph
20:15 20分 AWSで試すChatbot (仮) Bob
20:35 懇親会
21:30 終了予定

プロフィール

Eurico

  • ウェブ/モバイル開発(4 年)
  • ゲーム開発(1 年)
  • AIの応用研究 (4年)

Kanda

  • iOS開発(3年)
  • php開発 (9ヶ月)
  • java 開発(2ヶ月)
  • Ruby on rails開発(1年7ヶ月)
  • node.js開発(6ヶ月)

Bob

  • Ruby on Rails での 3年間のwebアプリ開発
  • Objective-C・Swiftでの3年間のiOSアプリ開発
  • DevOps(9ヶ月)

Edward

  • 音声認識 博士(ケンブリッジ大学)
  • 音声認識・ランゲージモデリング リサーチ経験(20年以上)

Christoph

  • 自然言語処理 博士(東京工業大学)
  • 自然言語処理・カーナビ対話開発経験(20年以上)

このような人にオススメ!

  • Chatbotを試してみたい人
  • Chatbotが本番運用でどのように役に立つのかを知りたい人
  • Chatbotを使っているが、サーバの管理をしたくない人
  • AWSLambdaとAPIGatewayに興味がある人

English

【The First Phybbit Study Group ~ Lets talk about chatbot】


Date: [tentative] 15/ 6/ 2017 (Thursday)
Time: 7pm ~ 9:30pm (Opening 6:45pm)
Admission Fee:Free (30 tickets only)
Venue :21cafe<ニイイチカフェ>
※Participants can bring their own refreshments (We prepare light meal and drinks.)
URL :https://geechs-magazine.com/21cafe/index


Speakers

Eurico (株式会社Phybbit CTO)
Kanda(株式会社Phybbit engineer)
Bob(株式会社Phybbit engineer)
Edward(INFERRET JAPAN株式会社 CEO)
Christoph(INFERRET JAPAN株式会社 COO)


Talks

Eurico
Introduction/ monitor – passive chatbot (仮)

Recommended for those who are interested about Chatops!

・Make-ups of a Chatbot
・What can you do with a Chatbot – Overview
・Chatbot and daily operations monitoring
・Things to keep in mind


Kanda
SlackBot with Google Apps Script

Let’s create Slack bot without managing server!
Google Apps Script prepares endpoints to respond to http requests.
I’ll introduce how to create slackbot without server management using Google Apps Script.


Bob
Run chatbot with aws lambda and api gateway

Let’s create Slack bot without managing server!

To feel free to try chatbot, I’ll introduce how to create chatbot without server management using aws lambda and api gateway.
And, I’ll talk about point to note in the system configuration and implementation.


Edward and Christoph

Describe the progress of our R&D work at Inferret towards developing multi-modal interactive agents. The aim of our recent R&D has focused on examining how to effectively combine multiple types of simultaneous input sources(e.g. sound, touch and video) with simultaneous output modalities(e.g. browser display and text-to-speech) – a multi-modal dialog system. In particular, we are very sensitive to privacy concerns and focus on solutions which do not require a connection to the internet. We hope to demonstrate the progress of our development with a demo.


Schedule

18:45 Registration
19:00 Opening speech
19:05 monitor – passive chatbot (仮) Eurico
19:25 SlackBot with Google Apps Script (仮) Kanda
19:45 Break
19:55 Multi-modal voice agents in embedded environments Edward and Christoph
20:15 Run chatbot with aws lambda and api gateway (仮) Bob
20:35 Networking session
21:30 Closing


**Speaker Profile **

**Eurico **
– web/mobile development (4 years)
– game development (1 year)
– research in applied AI (4 years)

**Kanda **
– iOS 3 year
– php 9 month
– java 2 month
– ruby on rails 1 year 7 month
– node.js 6 month

**Bob **
– 3 years web application development with using RoR
– 3 years ios application with Objective-C and a little swift
– 9 months DevOps

**Edward **
– PhD in Speech recognition (Cambridge University)
– 20+ years experience in speech recognition and language modelling research

**Christoph **
– PhD in Natural Language Processing (Tokyo Institute of Technology)
– 20+ years experience in natural language processing and dialog development for Car Navigation Systems


Peoples who will be recommended to listen your session

  • Peoples who want to try chatbot
  • Peoples who has been used chatbot on their server, and don’t want to care about their server
  • Peoples who has a interest in aws lambda and aws api gateway