Google広告スコアの仕組み&品質スコアの改善施策11つ

リスティング広告で高い成果を得るためには、Google広告ランクの最適化が必要不可欠です。広告ランクの最適化が行えれば、入札単価が安くても掲載順位で上位を獲得できます。そのため、Web集客で成功するためにも、広告ランクの基礎知識を学んでおきましょう。この記事では、広告ランクの仕組みや掲載順位を上げる改善施策まで分かりやすく解説します。

Google広告ランクの仕組み

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明

Google広告ランクは、リスティング広告の掲載順位に影響を与える指標のことをいいます。この指標で高い数値を獲得できるほど、掲載順位で上位表示される仕組みで「広告ランク=品質スコア×入札単価+広告表示オプション」で計算されます。

下記の参考事例を確認してみてください。入札単価が最も安いD社が掲載順位1位を獲得しています。その一方で、入札単価が最も高いA社の掲載順位は3位です。この結果からも分かるように、掲載順位は入札単価が高ければ効果が出るものではありません。

 品質スコア入札単価表示オプション広告ランク掲載順位
A社450円92093位
B社635円62162位
C社532円101704位
D社1022円32231位
E社625円21525位

(注意) 表示オプションは加算されるものなので、Google広告ランクには大きな影響が出ません。「品質スコア×入札単価」が大きな影響を与えているため、これらの数値を上げていくことを考えていく必要があります。

広告ランクで重要な「品質スコア」

リスティング広告運営をする上で「広告ランク=品質スコア×入札単価+広告表示オプション」を覚えておくことは大切です。Web担当者であれば、少ない予算で最大の効果を期待したくなるはずです。

品質スコアを上げられれば、入札単価が安くても掲載順位で上位表示されやすくなります。広告予算が同じでも入札単価が安く抑えられるため、大量のクリックが集められます。品質スコアを上げると、このようなメリットがあることを理解しておくことが大切です。

Google広告ランクで重要な品質スコアの要素

グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明

品質スコアは10段階で評価されます。高い数値であるほど良いとされていますが、どのような要素が評価に繋がるのでしょうか?数値を上げるためにも評価に影響する要素について理解を深めておきましょう。 

1.推定クリック率

推定クリック率は、キーワードの過去の掲載結果を考慮に入れて判定されます。ステータスは「平均より上」「平均値」「平均より下」の3段階で判定されるため、「平均より下」の場合は、クリックしたくなる広告文を作成できているかを見直してみましょう。

2.広告の関連性

キーワードと広告の関連度を示すステータスです。このステータスは「平均より上」「平均値」「平均より下」の3段階で判定されます。「平均より下」と判定された場合は、キーワードと広告文が密接に関連していないため、広告文を改善する必要があります。

3.ランディングページの利便性

テキスト広告のリンク先のWebページをランディングページといいます。リンク先にユーザーが求めている情報が網羅されて掲載されているかも品質スコアに大きな影響を与えます。

また、お問い合わせフォームや会社概要欄のページが見つけやすいことも利便性として評価されるため、リスティング広告で運営するランディングページが、ユーザーにとって見やすいか操作しやすいかを検証していきましょう。このステータスも「平均より上」「平均値」「平均より下」の3段階で判定されます。

Google広告ランクの品質スコアの改善施策

人, 屋内, ノートパソコン, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

リスティング広告で上位表示を狙うためにも、品質スコアを改善していきましょう。

推定クリック率を上げる

推定クリック率は、キーワードの過去の掲載結果やクリック率を考慮に入れて判定されると説明しました。そのため、実際にクリック率を獲得して上手く広告運用していく必要があります。

【改善施策】

1. ユーザーがクリックしたくなる広告文にする

広告の関連性を確保する

品質スコアを上げるために、広告の関連性を確保しましょう。広告の関連性を判定する際に(1)広告文(2)キーワード(3)リンク先ページなどを考慮して判定されます。そのため、これらを意識した改善施策が必要です。

【改善施策】

1. テキスト広告にキーワードを含める

2. リンク先のページでは、広告で提案した内容を明確に表示する

3. キーワードや広告に沿った広告グループを作成する

4. テキスト広告と関連性の強いページをリンク先に設定する

ランディングページの利便性を改善する

品質スコアは、リンク先のランディングページの影響を受けるため、利便性を高めていきましょう。

【改善施策】

1. テキスト広告と関連性の強いページをリンク先に設定する

2. テキスト広告との関連性が高く独創的なコンテンツを提供する

3. 商品紹介の広告配信をする際は、商品紹介ページを表示させる

4. 商品比較の広告配信をする際は、一般的なコンテンツを表示させる

5. 会社概要ページを作成して、ビジネスの透明性を確保する

6. PC・スマートフォンの両方で簡単に操作できるようにしておく

7. 読み込み時間を速くして、サクサク動くサイトにしておく

広告ランクを改善しても効果が出ない場合の対処法

キーボードの上にあるノートパソコン

自動的に生成された説明

広告ランクの指標が高くて掲載順位も上位を獲得できているにも関わらず、商品購入や会員登録に繋がらない場合は、アドフラウド(広告詐欺)を疑ってみてください。

近年では、Web広告を出稿する企業の広告費を詐取する不正業者が増えています。そのため、リスティング広告でクリックされていても、正規のユーザーのクリックとは限りません。不正業者が正規ユーザーを装ってクリックしている可能性もあります。

このような被害に巻き込まれていたら、リスティング広告を出稿しても理想の効果は得られません。そのため、不正クリックをブロックしていくことが、Web広告担当者の業務として新しく求められてきているのです。

まとめ

品質スコアが高ければ、入札単価が安くてもリスティング広告で掲載順位が上げられます。最後に品質スコアを上げる改善施策をまとめます。

1. ユーザーがクリックしたくなる広告文にする

2. テキスト広告にキーワードを含める

3. リンク先のページでは、広告で提案した内容を明確に表示する

4. キーワードや広告に沿った広告グループを作成する

5. テキスト広告と関連性の強いページをリンク先に設定する

6. テキスト広告との関連性が高く独創的なコンテンツを提供する

7. 商品紹介の広告配信をする際は、商品紹介ページを表示させる

8. 商品比較の広告配信をする際は、一般的なコンテンツを表示させる

9. 会社概要ページを作成して、ビジネスの透明性を確保する

10. PC・スマートフォンの両方で簡単に操作できるようにしておく

11. 読み込み時間を速くして、サクサク動くサイトにしておく

上記の施策をして、リスティング広告で上位表示がされてアクセスは集中しているにも関わらず、商品購入や会員登録に繋がらない場合は、アドフラウド(広告詐欺)を疑ってみてください。不正業者によるクリックがされている可能性があります。このようなアドフラウド対策に興味がある方は、ぜひ「Spider Labs」までお気軽にお問い合わせくださいね。

※ Spider Mediaに掲載されている見解、情報は、あくまでも執筆者のものです。Spider Labsはブログに含まれる情報の正確性について可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。Spider Mediaの目的は読者への有益な情報の提供であり、執筆者以外のいかなる存在を反映するものではありません。見解は変更や修正されることがあります。